車査定制度の事を色々考える事って言われるんです

二重査定制度といった普段聞きなれない制度があります。

 

これは、再査定制度とも呼ばれている私たち一般人ではなじみのない制度です。

 

どんな制度かというと、査定後に申立てされていないダメージが見つかった時、買取業者が査定金額を変更できるというものです。

 

買取業者は、査定した後にダメージが見つかると、予定していた金額で転売できなくなります。

 

見積りの時、車の様子を誤魔化して申したてし、それが後ほど発見されたケースなどに、この制度が適用され、見積り額が変更されてしまいます。

 

一言でいうと、一度は高い査定額が提示されても、後でで査定期金額が低く変わってしまうということです。

 

二重査定制度は、基本的に買取店のロスを防ぐもので、買取店に都合よいに働くようになっています。

 

その為に、売り手は、査定に出す時は、車のコンディションをきっちり申告する必要があります。

 

先ず正確な査定額を出してもらえるよう、自分がわかる限りのダメージは全てきちんと申告することです。

 

鑑定前に事前に申し渡していれば、そこが重度であったとしても、鑑定側の責務になり、後ほど減額されることはありません。

 

再査定制度は、実はほとんどの業者が採用している、契約書に小さく書かれていることが多いので、よく確認しておく必要があります。

 

 

 

 

プリウスαの値引き相場情報(2016)と、下取り車を上手に売却する方法を紹介しています。